Core i5-6600のPCを購入したので性能を試す

2017年9月1日  このエントリーをはてなブックマークに追加 

夏といえば熱でPCが調子悪くなる季節ですよね。

冬も調子悪くなりますけどね。

よさげなPCをとりあえず買います。

前回購入は「コンパクトなゲーミングPC(GTX860M)を買ってSteamで遊ぶ

 

CPUスペック

  • Intel Core i5-6600 3.30GHz
  • 4コア 4スレッド
  • TDP:65W
  • Intel HD Graphics 530

でした。これもまた適当に中古のPCを購入したところ、ついていたヤツで、大変お安いお値段でした。

内蔵グラフィックは使わないで、そこら辺に置いてあったGeforce GTX750 Tiをこれに付けます。

何故ならディスプレイが2560x1440と1920x1080のデュアルディスプレイだからです。

(内蔵でも出せるかもしれないけど、無理はしない)

ちなみに、ゲーム用PCのGTX1060のマシンとは別です。これはお仕事用です。

 

ではベンチマーク

グラボをGeForce GTX 750 TiからGTX 1060に乗せ換えた話」で計測した、Core i3-4130、Core i5-4590のやつと比較しましょう。

すべてWindows10 64bitです。

 

Windowsエクスペリエンスインデックス

Core i3-4130 + GTX 750 Ti

Core i5-4590 + GTX 750 Ti

Core i5-6600 + GTX 750 Ti

クロックはi3-4130より下、i5-4590と同じながら、ちゃんと高速になっていますね。

いいですよ~。

 

ちはやローリングWE1.10

Core i3-4130 + GTX 750 Ti

Core i5-4590 + GTX 750 Ti

Core i5-6600 + GTX 750 Ti

確実に速くなってますね。CPUパワーが効いてます。

このPCではゲームをしないので、ゲーム用のベンチマークもインストールしませんでした。

仮にやったとしても、750 Tiなのでそれ相応の値しか出ないでしょう。

 

まとめ

速くてよかったです。


リンク