SSDのWriteが遅かったので調べたらアライメントがずれてた話

2018年11月15日  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

最近めっきり寒くなって…

ではなく、

めっきりSSDが安くなってきましたね。

めっきりの意味
1 状態の変化がはっきり感じられるさま。「めっきり(と)涼しくなる」「めっきり(と)老 (ふ) けこむ」
2 数量や物事の程度が十分に大きいさま。

引用元: goo辞書

 

そうだSSDを大容量にしよう

という事は

この節約気味に使っている120GBのSSDを

大容量にすれば、快適になるのではないか。

と思い立つのでありました。

 

システムドライブなので、なるべく有名なメーカーにしよう。

じゃあ、せっかくだから俺は

この青の500GBのSSDを選ぶぜ。

 

はい無難。

そして安っ!

いつものようにクローンして終わり。

※その他のSSDクローンの記事は「HDD/SSDのクローン記事まとめ

 

軽くベンチマークして満足して終わりでしょ

使っている分には気にしないので、最初だけベンチマークを取ります。

よりSSD向けになったCrystalDiskMark6です。

 

いやー何かReadとWriteが非対称すぎない???

Writeが遅くない!?

 

えっと…

このような場合、考えられるのは…

ハードっぽくはないので

パーティションのアライメントがずれていて速度が出ない(google調べ)

のかしら。

 

今回のクローンはEaseUS Todo Backupで「SSDに最適化」にチェックを入れて行いました。

ですが、パーティション開始位置を調べてみましょう。

ファイル名を指定して実行「msinfo32」でシステム情報を起動し システムの要約>コンポーネント>記憶域>ディスク

この「パーティション開始オフセット」ってやつです。これが4096で割り切れると、ずれていないと判断できます。

 

239612928÷4096=58499.25

ずれてる!

こんな事もあるようです。

 

4Kアライメント調整をしよう

いや、クローン時で駄目だったら、もう一回クローンしても駄目じゃないですか。

フリーソフトで今からアライメント調整できるソフトはないのでしょうか?

ありました。

EaseUS Partition Master Free

(EaseUS Todo Backupでクローンしたのに~)

 

ツールバーの真ん中の方に分かりやすく「4K」ってボタンがありますね。

C.H.O.S.E.I.してみましょう。

4Kアライメントウィザードですよ。

かっこいいですね。

全く関係ないですが、四輪アライメント調整はやったことがあります。

 

【朗報】4Kアライメント調整した結果

239616000÷4096=58500

ずれてなーい!

WriteもReadもちゃんと速くなりました!

これで、容量も大きくなったし、なんでも入っちゃう?

言う事なしです。

 


リンク