Windows10を起動したら水色のRecovery画面になった

2016年6月24日  このエントリーをはてなブックマークに追加 

なぜなのか。

 

Windows10を使ってたのです。

ある時、シャットダウンをしようと思ったら、

ずーとシャットダウン中の画面になったままでした。

終わらないなー。って思って無理やり電源ボタンで消しました。

 

それから、再起動しようと思ったら

起動しませんでした。

 

Recovery?

何それ。

左下には

BCD

情報はこれだけですか。

調べてみましょう。

※ショックで写真撮るの忘れた…

 

ブート構成データ(BCD)が壊れた

だそうです。

もちろん、バックアップもリカバリもないですよ。

※厳密にはデータだけは取ってあるけど、OSは関係ないからね。

またインストールとか超面倒。

インストールとか一か月に3回もやりたくないよ。

だから、必死で直します。

 

修復できる可能性

修復のためのコマンドが打てればなんとかなるらしい。

 

ということで、Windows10のセットアップディスクで起動します。

起動にCDを使いたくないので、ISOからUSBメモリにデータを全コピーして、USBメモリから起動します。

アップグレードの人は、マイクロソフトからWindows10のISOをダウンロードしておきましょう。

 

コマンドプロンプトからコマンド実行

Windows10のセットアップを起動したら、「今すぐインストール」の画面の左下で「コンピューターを修復する」を選びます。

トラブルシューティングの詳細オプションからコマンドプロンプトを起動します。

とりあえず、cドライブがマウントされているか確認して

コマンド

 

bootrec /rebuildbcd

 

を打ちました。

そうすると、Windowsのスキャンが始まり、ブート一覧に追加するかどうか聞いてくるので

y

と答えます。

 

で、再起動…

 

 

直ったー!

 

今回は焦りました。

Windows10で起動しなくなったのは二回目です。

一回目は試しに入れた別PCだったので、再インストールしたのでした。

 

Windows10が壊れた人の救いのために、このページを残します。

BCDじゃなかったら違うコマンドです。多分。


リンク