Intel Core i3-8100とRadeon RX 570のPCの性能について

2020年7月27日  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ステイホームということで、

家で使うパソコンの負荷が高くなってきました。

なので、新たにパソコンを導入しました。

 

値段だけで選ぶ

CPUはあまり気にしていないのでi3、i5程度ならなんでもいいです。

ただi3、i5といっても、今からSkylake、Kaby Lake世代を選んでもそんなに値段が安くはならないので

Cofee Lakeくらいから選ぶことにします。

 

グラボはどうする?

家にRadeon RX 570があるためそれを流用しましょう。

これでゲームもそこそこいけるはず。

 

ベンチマーク

新PCスペック

  • CPU:Intel Core i3-8100 3.6GHz 4コア 4スレッド 65W
  • メモリ:8GB
  • グラフィック:Radeon RX 570 8GB

 

PCMark 10

PC全体のパフォーマンスを測定するツールとしてPCMark 10を使いました。

比較対象としては、以前計測したRyzen7、i5-8500、i3-7100を登場させています。

上のグラフではオレンジ色が今回のi3-8100となります。

 

PCMarkの各項目は

Essential:PCの基本性能(アプリ起動速度、ビデオ通話、Webブラウジング)

Productivity:ビジネスアプリケーション性能(表計算、文書作成)

Digital Content Creation:コンテンツ制作における性能(画像編集、レンダリング、動画編集)

となっています。

 

比較して思ったのですが、

Essential→アプリ起動速度でSSDの性能に引っ張られる

Productivity→シングルスレッド性能?

Digital Content Creation→グラボ性能に引っ張られる

のように感じました。よってPC構成が近くないと比較は難しいですね。

PCのトータル性能を計測するツールなのでそういうものですけど。

ちなみにi5-8500とRyzen7はマザーボードとCPU以外は同じ構成になっています。

 

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

Core i3-8100 + RX 570(1920x1080 最高品質 フルスクリーン DirectX 11)

Core i5-4590 + GTX 1060 3GB(1920x1080 最高品質 フルスクリーン DirectX 11)

Ryzen 7 1700 + GTX 1060 3GB(1920x1080 最高品質 フルスクリーン DirectX 11)

蒼天のイシュガルドベンチマークでは、GTX 1060 3GBの84%程度となっています。

 

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

Core i3-8100 + RX 570(1920x1080 最高品質 フルスクリーン DirectX 11)

Core i5-4590 + GTX 1060 3GB(1920x1080 最高品質 フルスクリーン DirectX 11)

Ryzen 7 1700 + GTX 1060 3GB(1920x1080 最高品質 フルスクリーン DirectX 11)

紅蓮のリベレーターベンチマークではi5-4590のCPU性能が足を引っ張っているようで

Ryzen 7 1700でないとGTX 1060 3GBをもってしてもRX 570に逆転されてしまいます。

PASSMARKによるCPU Markは

i5-4590が5299

i3-8100が6196

Ryzen 7 1700が14535

次のベンチマークに出てくるi5-6500が5639

となっております。

 

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

Core i3-8100 + RX 570(1920x1080 最高品質 フルスクリーン)

Core i5-6500 + RX 570(1920x1080 最高品質 フルスクリーン)

【参考】Ryzen 7 + GTX 1660 Ti(1920x1080 最高品質 フルスクリーン)

CPU性能の分だけi5-6500から上がってます。

 

ファイナルファンタジーXV (FF15) Windows Edition ベンチマーク

Core i3-8100 + RX 570(1920x1080 高品質 フルスクリーン)

Core i5-6500 + RX 570(1920x1080 高品質 フルスクリーン)

【参考】Ryzen 7 + GTX 1660 Ti(1920x1080 高品質 フルスクリーン)

FF15の高品質はRX 570ではちょっと荷が重いようですね。

 

Far Cry 5 ベンチマーク

1920x1080 フルスクリーン 画質:高 HDテクスチャON

ベンチマークの値は2回実行した平均です。

軽い場面はグラボの性能に引っ張られて、重い場面はCPUの性能に引っ張られている感じですね。

 

まとめ

かなり値段重視でしたので、グラボも含めて45,000円未満に抑えています。

今どきはCore i3でもかなり使える性能ですね。

これだけの性能ならばよほど重い作業をさせない限り、ゲームも含めそこそこ問題なしです。


リンク